ギーク男子録

暇な時に意見とかレビューとかを淡々と

久々にブログを開いてびっくりしたこと

タイトル通りのことです。

なんやかんやでほぼ1年ぶりくらいにこのブログを更新します。

全く書いてていなかったのでトラックなんて全然ないと思っていました。

 

ですがびっくり!

いつのまにか合計1000PV 

こえていたのです。

 

そんなこともあって真面目に再開してみようと思います。

とりあえずトラックの稼ぎ頭である「からかい上手の高木さん」の記事に感謝しておきたいです笑。

 

hayabusa-arrow.hatenadiary.jp

 (ここでもしれっとアピールしておきます)

 

春から僕は電通大に入りましたので、電通大生という立場から受験とか大学生活とかも語っていければな、と思っています。

 

それでは今回はこの辺で。

 

BABYMETALの最新アルバムMETAL RESISTANCE感想!

ついにBABYMETALのアルバム「METAL RESISTANCE」が発売されました!

日本のみならず、各国の配信チャートでも高順位を記録しているようで、BABYMETAL旋風が吹き荒れています。

僕もダウンロードしたので感想をちょこっと書いていこうかなと思います。

 

METAL RESISTANCE(通常盤)

METAL RESISTANCE(通常盤)

 

 

1stアルバムからより音楽に磨きがかかっています。1stからは2年も経ち、3人は世界各地でツアーを行い、その中で進化した感じがわかります。

 

個人的にはお気に入りの曲は「The One」と「Amore - 蒼星-」です。2つともイントロのところが気に入っています。

本音をいうと輸入盤の方も聴いてみたいのですが手が出ないのが実情…。できるなら輸入盤限定の曲もあるようなので手に入れたい!

 

これからまた始まるツアーへの期待が膨らみます!

 

それでは今回はこの辺で。

 

 

卒業の時期に思うこと

今週のお題「卒業」

f:id:hayabusa_geek:20160321175833j:plain

先日、自分の学校でも卒業式がありました。結構お世話になった先輩方もいるので感慨深かったです。

みんな泣いているようには見えなかったのですが、思いはいろいろあったのだろうと思います。

 

自分も胸はって卒業できるように、残り一年間、受験勉強を頑張っていきたいなと思います。

そのためにもサボりグセを「卒業」しないとどうにもならない!

ブログも最近サボり気味だし…。

そんな卒業を見て卒業を決意した日でした。

 

それでは今回はこの辺で!

 

まったり過ごすのにおすすめなこと

お題「ひとりの時間の過ごし方」

 

今回紹介しようかな、と思っていることはひとり暇な時にするといいことです。

f:id:hayabusa_geek:20160311201102j:plain

どうしてもいざ休みになって何しようか…と考えこんでしまう人も多いと思います。これはそんな人のための記事です。

 

1.本屋に行く

皆さん本屋に行ってゆっくり本を眺めたり探すことってありますか?

僕は特に探しているものはなくとも本屋に行きます。

特に読む気がなくともこの本買って読んでみよう、という気分になります。それによって時間も潰せますし、教養も増えたり、話題となったことにもついていったりできます。

特にたくさん種類のある本屋さんがおすすめです!

本の数だけ出会いがあります!

 

2.図書館に行く

前述の内容とカブってしまうところもありますが、こちらでは無料で読み放題です。

割と最近の本も多くあるので本をゆっくる読む機会がこのところないな、と思えば行って見る価値ありです!

おまけにDVDやCDの本以外の物を貸している図書館も多くあります。そういった本以外のことでも楽しめることがあるので図書館はいいところです。

 

3.勉強する

みなさんは勉強についてどう思っていますか?いろいろある種のトラウマのようなものさえある人もいると思います。

ですが、生きてる以上一生勉強していくことになります。本来は何かを知る、ということはとてもうれしく、楽しいこと。小さな頃のそんな経験は誰しもあると思います。

ちょっと興味のもったことから調べてみることで、そこからどんどんとハマっていくでしょう。

 

4.散歩をする

ここで真打ちとなるわけですが、自分の住んでいる地域を歩いて回った事はありますか?歩いて回ると普段気づかなかった街の風景に気付かされます。

こんなところに公園があったのか、とかあそこには綺麗な花が咲いているとか。

こういったちょっとした嬉しいこと、面白いことに気づかせてくれるのが散歩の魅力。

 

いかがでしたか?この中でちょっとでも試してみようか、なんて思うことがあったら幸いです。

それでは今回はこの辺で。

日本一ブサイクと言われる甲州弁話者をルーツに持つ僕の言いたいこと

今週のお題「方言」

 

みなさんの出身・住んでいる地域にもいろいろ方言があると思います。

僕は現在新潟に住んでいて、結構長岡弁や新潟弁を耳にする機会もあります。

 f:id:hayabusa_geek:20160227111359j:plain

僕の親戚は山梨県出身です。だから家族で集まると「甲州弁」で話す姿。

僕の中では子供の頃から聞いているので違和感はありません。

当たり前のことですので。でも、このことを言うと色んな人に「甲州弁」ってすごい方言って言われることが多いです。

 

それはほぼ「月曜から夜ふかし」や朝ドラの「花子とアン」からきてしまっているようです。

 

月曜から夜ふかしでは散々ないわれようでした。あれは悪意がある。

 

さらに輪をかけて、国道の電光掲示板に「気を付けろしね」なんてあったことが話題となり話題にもなりました。

ちなみに意味は「気を付けてね」ということです。間違っても死ねなどではありません!

 

このことに対して一つ言いたい

 

今時そんなきつい言葉使うやついないわ!

 

毎回思うのですが各番組・メディアの方言の再現VTRの内容がひどい!

 

おばあちゃん世代でも使わないようなことをサラッというので確実に誤解が生まれてしまっています。

 

「おまんこっちこうし」とか…

あ、ばあちゃんいってるわw

 

ともかく、最近そんなにきつめの方言言ってるのはご当地ヒーローの「サクライザー」とおばあちゃん・おじいちゃん世代くらいw

 

サクライザーはちゃんと言ってるから甲州弁がどんな感じなのか気になるならこちらのページから

サクライザーの甲州弁 - 甲州戦記 サクライザー

 

それでは今回はこの辺で。

また見てくれしね!

イタリア料理じゃないよ!新潟B級グルメ「イタリアン」

お題「好きなB級グルメ」

 

僕の好きなB級グルメイタリアンという新潟のB級グルメです。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/5/5b/Italian%282%29_%28Mikazuki%29%2C_Japanese_local_fast_food.jpg(wikipediaより)

 

新潟のアイドル「NGT48」の曲の中にも出できますので、そこから知っている人もいると思いますが、名前だけとか、あまり知らない人もいると思いますので紹介していきたいと思います!

 

そもそもイタリアンとは?

 

イタリアンとは簡単にいえば焼きそばの上にミートソースをかけたものです。

他のものをかけたり、トッピングしたりすることもあります。(カレーやホワイトソースとかハンバーグ、チーズetc…)

 

発祥は後述のみかづきで、そこに追随する形でフレンドも販売しました。ちなみにフレンドの経営者は三日月と親交があったとか。

今では新潟のB級グルメ代表格となっています。 

 

 新潟をほぼ二分するイタリアン勢力:みかづきとフレンド

イタリアンは有名で幾つか提供しているお店はあります。ですが、ほぼ「フレンド」と「みかづき」の2つに二分されています。

 

ちなみにはじめに出したの写真のものは「みかづき」のイタリアンでNGT48の曲ではみかづきの方が出てきます。(フレンドがいつか怒るのではと僕は思っていますw)

 

発祥のみかづきは新潟市周辺で多く、はじめは甘味処でした。その中の食事メニューの1つとして提供していたものだそうです。

ここのイタリアンでは生姜がのっているのが特徴です。ちょっとトマト風味が強く、また、フォークで食べるのも特徴です。

 

フレンドは主に長岡の方で店舗が多いです。ちなみに日本で一番初めて「ドライブスルー」を設置したところです。某Mのファストフード店なんかより早いそうです。

ここの特徴としてはひき肉が多く、みかづきのものよりマイルドな印象です。ひき肉が多いおかげでボリューミーで美味しいです。ちなみにサイドメニューの餃子がとても美味しいです。肉汁があってジューシーなのにあっさりしてます。

個人的にはフレンドで食べる機会のほうが多いのでフレンドのほうが思い入れは強いです。

 

新潟に来たら、いや、イタリアンを目当てに来てほしいものです。

 

それでは今回はこの辺で!

ミニマリストになりたいけども

今週のお題「わたしの部屋」

 

f:id:hayabusa_geek:20160220144953j:plain

最近話題となっている言葉の一つとして「ミニマリスト」というものがありますけど、どうやったらなれるのか、とかなった時の理想の部屋とか考えてみる。

 

まず、どうやったらなれるのか

そもそも論なわけですが、僕の部屋はまず汚いわけではないです。でも、ものが溢れすぎててやばいです。どれくらいやばいかというと

 

なんでこんなになったか、ミニマリストになる前に近藤麻理恵さんの本でも読んでおかないと、いきなりミニマリストになんてなれないんだろうと思ってしまうレベルです。

 

話題になっている言葉だけあって「ミニマリスト」方々の生活は各メディアでもわかるわけですが、あれって単に物を減らして逆に消耗してしまってるように自分には思えますね。

 

テレビはまだわかるとして、食器と服少なすぎない?結構な頻度で洗濯できるならいいけど、学生なんかはとてもじゃないけど無理だと思えます。

 

逆にできることって言えば本とかを出来る限り電子化してしまうことなのだと思います。最近は電子書籍リーダも充実していますし。

音楽やDVDなんかもAmazonAWA,Netflixなんかあれば必要ないですよね。本棚いっぱいのものがkindleやパソコン分だけになってしまうのですからこれはいいなと思っています。

もっといえばレンタルサービスもありますからこれを上手に使えば問題はないように思えます。

 

自分の考える理想の部屋

まずはパソコンとKindle。さっきも言いましたが、これないと始まりませんよね。そしてモノトーンの服でしょうか。1週間程度着回せれば理想ですよね。

 

 そしてデスクと筆記具、スピーカーにヘッドホン…。

ってなんだか結局ミニマリスト的思考になれてない気がするぞ。

結局これ書いてる間に色々あげていたらミニマリストになるのは無理だ、悟ってしまった。

ミニマリストにならないにしても、もっと省スペース化が図れる、という可能性に目覚めることができた、はず!

はい、ミニマリストになるのはこのへんのものを読んでからまた出直します。

 

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

 

 

 

人生がときめく片づけの魔法

人生がときめく片づけの魔法

 

 

それでは今回はこの辺で。