ギーク男子録

暇な時に意見とかレビューとかを淡々と

ミニマリストになりたいけども

今週のお題「わたしの部屋」

 

f:id:hayabusa_geek:20160220144953j:plain

最近話題となっている言葉の一つとして「ミニマリスト」というものがありますけど、どうやったらなれるのか、とかなった時の理想の部屋とか考えてみる。

 

まず、どうやったらなれるのか

そもそも論なわけですが、僕の部屋はまず汚いわけではないです。でも、ものが溢れすぎててやばいです。どれくらいやばいかというと

 

なんでこんなになったか、ミニマリストになる前に近藤麻理恵さんの本でも読んでおかないと、いきなりミニマリストになんてなれないんだろうと思ってしまうレベルです。

 

話題になっている言葉だけあって「ミニマリスト」方々の生活は各メディアでもわかるわけですが、あれって単に物を減らして逆に消耗してしまってるように自分には思えますね。

 

テレビはまだわかるとして、食器と服少なすぎない?結構な頻度で洗濯できるならいいけど、学生なんかはとてもじゃないけど無理だと思えます。

 

逆にできることって言えば本とかを出来る限り電子化してしまうことなのだと思います。最近は電子書籍リーダも充実していますし。

音楽やDVDなんかもAmazonAWA,Netflixなんかあれば必要ないですよね。本棚いっぱいのものがkindleやパソコン分だけになってしまうのですからこれはいいなと思っています。

もっといえばレンタルサービスもありますからこれを上手に使えば問題はないように思えます。

 

自分の考える理想の部屋

まずはパソコンとKindle。さっきも言いましたが、これないと始まりませんよね。そしてモノトーンの服でしょうか。1週間程度着回せれば理想ですよね。

 

 そしてデスクと筆記具、スピーカーにヘッドホン…。

ってなんだか結局ミニマリスト的思考になれてない気がするぞ。

結局これ書いてる間に色々あげていたらミニマリストになるのは無理だ、悟ってしまった。

ミニマリストにならないにしても、もっと省スペース化が図れる、という可能性に目覚めることができた、はず!

はい、ミニマリストになるのはこのへんのものを読んでからまた出直します。

 

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

 

 

 

人生がときめく片づけの魔法

人生がときめく片づけの魔法

 

 

それでは今回はこの辺で。